容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

携帯電話は脳腫瘍の原因と発表される

  1. 2011/06/03(金) 01:22:19|
  2. ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
日常生活から切り離せないほど浸透してしまった携帯電話が、
じつは脳腫瘍発生の原因になっている可能性があることが
発表されました。昔から携帯電話の電磁波は身体に悪影響を
与えているという説がありましたが、今回、脳腫瘍の原因である
と発表したのはWHOの専門組織である「国際がん研究機関」
であり、信憑性を感じているユーザーも多いようです。

フランスのリヨンに本部がある国際がん研究機関(IARC)の
発表によると、携帯電話が「聴神経腫瘍(脳腫瘍の一種である)
神経膠腫(こうしゅ)の危険性が限定的ながら認められる」
との調査結果を得たそうで、各国の電機メーカーへの影響が
早くも注目されています。

日本国内でも電話業界、電機メーカーへの影響がありそうですが
それらの所管している総務省では「現時点では問題はなく、
追加調査を待ちたい」と発表しており、楽観的とも、慎重とも
とれる態度を示しています。

これまでにも総務省は携帯電話の電磁波量を人体に影響のない
レベルに定める防護指針を策定しています。2003年には、
動物実験をおこない、携帯電話の電磁波を2年間、動物の脳に
浴びせても週陽にはつながらないという実験結果を得ています。
この実験結果はIARCにも報告済みとのことですが、
今回のIARCの発表に対して、「どう解釈すべきか戸惑って
いる」と総務省の担当者がコメントしています。

この件に関してIARCは昨年5月に「危険性が増大するとは
認められない」と指摘していました。それが今回、逆の指摘を
行なったために話題になってしまったわけですが、総務省の
担当者は「発がん性の新たな知見が得られたのではなく、
評価の仕方が変わったようだ」との見方を示しています。

DTIブログって?